オーストラリア メルボルン ワーホリ 情報

オーストラリアのゲームセンターは景品がたくさん!

2018年10月7日

 

どうもー、こんにちはイチです!

 

今はほとんど毎日バイトをしているのですが、休みの日などはブラブラとメルボルン市内を観光しています。

 

観光スポットなどにも行くのですが、今回はゲームセンターに行って日本との違いに驚いたのでその事を紹介します!

 

今回行ってきたゲームセンターは

 

PLAYTIME Crown

 

というところです!

 

それでは、基本情報からどうぞ。

 

PLAYTIME Crown

 

この施設では、ボウリング場なども入ってるのですが今回はゲームセンターにしか行っていないのでそちらのみの紹介になります。

 

また行くことがあれば報告します!

 

営業時間・場所

 

ここのゲームセンターは遅くまでやってます。

 

毎日朝の9時から翌日の2時までやっています!

 

あっ、でも日本のラウンドワンの方がすごいですね!

ここのボウリング&ゲームセンターではオールできないですもんね…

 

場所はサザンクロス駅から徒歩で行ける範囲にあります。

 

一応地図貼っときます。

 

 

Crown Entertainment Complex, 8 Whiteman St, Southbank VIC 3006

 

 

近くに水族館やアウトレットなどもあります!

 

またいつか行ってみるかもしれません。

 

ゲームセンターに置いてるもの

 

結構広いだけはあり、いろいろなものが置いてあります。

 

UFOキャッチャーやアーケードゲームなど日本でも馴染みのあるものから、少し変わったものまでさまざまです。

 

 

これは普通のUFOキャッチャーですが、こちらのは三本指のアームが多い気がします。

一度やってみたのですが、日本のと一緒でアームは緩めでした…

 

また、こんなに巨大なUFOキャッチャーもあります!

 

 

超巨大UFOキャッチャー!

 

上のピカチュウさんがおそろしいです。

 

あっ、この写真だけじゃそんなに大きさわからないですよね?

動物園の記事に登場したあの方に立ってもらいましょう。

 

 

おそらくこちらのミーアキャットさんが人間サイズです。

 

いやー、おおきいな

 

たしか1回5ドルくらいしたと思います。

 

ミーアキャットさんの登場回はこちらからどうぞ

 

アデレード動物園で癒されよう!

 

こちらのゲームセンターはデカイのが好きなのか、日本の懐かしいゲームも巨大化していました!

 

 

今回はやらなかったのですが、自分の身長よりも高い画面でパックマンというのもなかなか贅沢でいいですね。

 

スペースインベーダーは銃のコントローラーでどうやってやるんですかね。

 

ゲームの遊び方

 

ここではお金を直接入れるのではなく、カードにお金をチャージしてからでないとなにも出来ません。

 

なのでゲームセンターに入ってから出ていくまでの流れを紹介します!

 

PLAY TIMEカード

 

最初ここに来たとき、どうやってゲームをするのか少し悩みました。

 

なぜなら、お金を入れる場所がなくてカードをタッチするようなものが付いてるだけでした。

しかし、そのカードはどこで買えるのか…

 

結構うろうろしていたらそれっぽい機械が置いてあり、買うことができました!

 

 

ちょっと暗いですが、こちらがそのカードです!

 

その機械でカードにチャージする金額を決めれるのですが、金額によってボーナスが貰えます。

 

15ドル   ボーナス5ドル

25ドル   ボーナス10ドル

35ドル   ボーナス15ドル

65ドル   ボーナス30ドル

100ドル ボーナス50ドル

 

なかなか太っ腹なボーナスですね!

15ドルでも3分の1も追加で貰えちゃいます!

 

始めに入金する金額を選ぶボタンが出てきます。

私は思いきって25ドル入金しましょう!

プラス10ドルで35ドル分も遊べます。

 

ボタンを押してお金を入れますが、大きい金額のお金しかなかったので50ドル札を入れました。

 

………ん?

 

…………あれ?

 

……………おつりは……?

 

 

 

 

 

よくわからないまま50ドル入金されちゃいました……

 

カードにはしっかりと50ドル+ボーナスの15ドルで65ドルの数字が…

 

たしかに、お金を入れたときに英語で何か画面に表示されたけど読まずにOKって押しちゃってました。

 

もしかして、それかな…?

 

それにしてもどんだけゲームセンターで遊ぶねん…

 

コイン落とし

 

65ドル入金されたカードを持ち何をしたかというと、コイン落としです!

 

 

このDCのコイン落としはボタンを押すとスーパーマンの頭上からコインが落ち、数字の書かれたゲートを通るとその枚数コインが下に落ちてくるというものです。

 

ボーナスドロップに入るとランダムで5枚・8枚・15枚・カードの中から抽選されます。

 

ただし、こちらのコイン落としは日本のとは訳が違います!

 

なぜなら、コインを落としてもコインを手に入れることはなくポイントが貯まっていくからです。

そして、そのポイントで景品と交換することが出来ます!

 

ポイントの増えかたもコイン落としの種類によって違うのですが、このコイン落としは

コイン1枚落とすごとに1ポイント

ノーマルカード1枚につき100ポイント

集合カード1枚につき200ポイント

という計算です。

 

 

こことかもうカードが落ちる寸前です!

ちなみに、中央上部に見えるたくさんキャラの書かれたのが集合カードです。

 

 

なんとか初カードゲットです!

 

カード自体は丈夫なプラスチックのカードでいい感じでした。

しかし、ポイントにすると機械に吸い込まれてしまうのです…

 

今紹介した、DCコミックスコイン落とし以外のコイン落としも紹介します!

 

 

こちらはオズの魔法使いコイン落としでポイントの計算方法が異なります。

 

普通のコインは落としてもポイントは増えずに、

緑のコイン  7ポイント

赤のコイン 20ポイント

カード   100ポイント

という計算になります。

 

このコイン落としは1play 20回分のコインを発射でき、一定回数に到達するとルーレットが回り5~50回分のコインを入手することが出来ます!

 

料金はどちらのコイン落としも1play 2ドルです。

結構高いですやんっ!

 

景品交換

 

50ドル入金してしまった絶望からひたすらコイン落としをしていたらついにカードの残高が底をつきました。

 

ちょこちょこコイン落とし以外もやりましたが、おそらく50ドル以上はコイン落としに使いました…

 

これだけやればポイントもそこそこ貯まったので、さっそく景品交換に行ってきます。

 

ゲームセンターの奥のワンスペースが景品交換所となっており、お菓子からおもちゃ、ゲーム機まですごいラインナップです!

 

 

書かれている数字が交換に必要なポイントです。

 

 

人形系も多いですねー。

若干ゼニガメのぬいぐるみが見切れてます。

 

 

ナルトやアトム、ドラゴンボールなど日本のキャラクターグッズも豊富です。

 

ちなみに、今回のトータルポイントは約1600です。

いい景品には全然届かないポイントですが、もう使いきってやろうと思います。

 

ゲーム機と交換となると40000ポイントくらいでしたかね?

 

私のなけなしの1600ポイントで交換出来たのはこちらです!

 

 

バスケットボールのやつ 200ポイント

パックマンキーホルダー 200ポイント

チョコレート菓子 50ポイント

黄金トランプ 900ポイント

 

2つのもあるので合計1600ポイントです。

パックマンのキーホルダーが200ポイントなのは安く感じますよね?

 

1番のお気に入りは黄金トランプです!

 

 

900ポイントなだけはあり、丈夫なトランプですごく輝いています!

 

ただ、好奇心からアマゾンで調べてみると結構安く売られていてショックでした…

 

50ドル…

 

まとめ

 

1番の衝撃はコイン落としで景品が貰えることでした。

 

また景品交換コーナーも楽しく、自分が子供だったらもっとワクワク出来ていただろうなと思いました。

 

もちろんコイン落とし以外でもポイントを貯めることが出来ます。

ゲームマシーンにクリアすると何ポイントとか書いてます。

 

今回は現金で50ドル入金してしまいましたが、クレジットカードを使えばそんなミスはしないはずです。

 

みなさんも入金する際にはお気をつけ下さい。

 

あと、日本に帰ってきてからこのような海外のゲームセンターを体験できるゲームを発見したので紹介してるブログを載せておきますね!

私が書いてるんですけどね。

 

それでは、

 

ありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
いち

いち

27歳で仕事を辞めて1ヶ月のフィリピン留学へ行く。 その後ワーホリで約10ヶ月オーストラリアで過ごす。 日本に帰ってきてからはバイトをする毎日。

-オーストラリア, メルボルン, ワーホリ, 情報

Copyright© おもしろそうなので。 , 2021 All Rights Reserved.